めくるめくメルク丸

行為は無為よりも、ほんの少しだけ優れてゐる。(バガヴァッド・ギーター)

『キャンドルちゃん』やってた2018年の夏(1)

こんばんは。ラブムーちゃんです。 なんだか、あっちゅうまに7月になってしまいましたね。 どころか、7月もあと10日ばかりで終わるもよう。 いやはや、なんという時季でしょう。気ぃ狂いそうなくらい暑いは熱いし。でも、夏って元々こんなものだったかもな…

6月の、土曜日の心況

※当ブログを「かさ増し」する為、とりたてて内容のない日誌(のような記述)も挿入してみます。 午前7時半起床。窓の外はばりばりに曇っている。午後からは雨が降ると聞いた。やっぱ梅雨。今日は店為事だが、おそらくかなり閑だろう。 喫茶店は雨の影響を「…

頼むからマリテニエース買わせないでくれ

唐突だが、今日は何の日か? そう、『マリオテニス エース』(Switch)の発売日である。 マリオテニス エース - Switch 出版社/メーカー: 任天堂 発売日: 2018/06/22 メディア: Video Game この商品を含むブログを見る ぶちまけた話、今、俺はこのゲームが猛…

焼酎色々お見舞い

こんばんは。少々ご無沙汰しております。 最近あんなことやこんなことなどありましたが、そちらはお元気でしょうか? 時季は梅雨まっさかり、ですね。今朝は奇跡的に晴れ渡っておりました。 が、今はすでにひと雨きそうな気配がずぶずぶ漂ってゐる東京は多摩…

『KUBO/二本の弦の秘密』を観た

もっと仰々しいタイトルもいくつか考えたのですが、やっぱりこれで。 『KUBO』を観た。こちらの期待を遥かに越える、まごうことなき傑作であった。 もはやこれで済ませても良いような気も……でもせっかくなのでもう少し書きます。 でも、このブログを読んでく…

ムーンワールド再訪記(13)現実とゲーム

今朝、「現実」と「ゲーム」の違いについてふと思いを馳せてみた。 その違いを端的に言うと、ゲームは多かれ少なかれ自らの意思で「始める」世界であるのに対し、 現実は自分の意思にかかわらず、すでにして「始まっていた」世界だ。 ゲームにおいて、体験す…

ムーンワールド再訪記(12)初夏のご挨拶

ご無沙汰をしていました。 そちら、お身体と精神の調子はいかがでしょう。 こちらは1週間ばかり前から、季節の通奏低音ががらりと変わったのをひしひし感じて惑っています。急にあったかくなって、木々の緑が力強く万緑を漲らせるかの如く、意気揚々と生命…

「月曜日までお休みします」のお知らせ

あなたはふと思い出して、その小さな酒場『メルク丸』を訪れた。 そういえば、金曜日には再開するって書いてあったな……。 しかし、依然として窓辺の灯が消えている。やっぱり閉まっているらしい。 扉の張り紙には、黄ばんだ羊皮紙にいかにも子供っぽい斜文字…

ムーンワールド再訪記(11)チドリアシ デ メドツイタ?

こんにちワンワン、愛犬タオと私です。 すみません、今日はのっけから謝らせて頂きたい。 それというのも今日は(今日も、とは君まで言うな)すこぶる酔っぱらってゐるので(ワンダの店における兵士の如く)、ここ「再訪記」において、「同じゲームについて1…

ムーンワールド再訪記(10)世界の終わりと『どうぶつの森』

こんばんは。昨日は1週間の疲れがどうにも溜まっておりまして、1日中ろくすっぽ何もできませんでした。月曜はそんな感じであることが多い。 しかし、そんな僕の個人的常態話はここではまったくどうでも良い。まったくそうです。はい。 ただ、昨日僕がその…

『Ice Station Z』〜幼き魂たちが出逢う駅(text by ラブムー)

1 Ice Station 居酒屋 昨年の夏、僕は喧騒溢れる吉祥寺の横丁に居た。その日はやたら蒸し暑い晩だったように記憶している。 学生やサラリーマンがビールやホッピーをあおっている狭苦しい居酒屋のカウンターで冷酒をすすりながら、「IGNジャパン」というメ…

ムーンワールド再訪記(9)Inside/Outside?

こんばんは。1日遅れてムーンワールドに戻って参りました。ラブムーです。 私事ですが、現世での忙しなかったGW仕事とのギャップで、1時間ばかりここに居ても、なかなかこの世界にうまく馴染めません。PS3コントローラーもしっくりこない。 今朝は、現世に…

黄金週間は再訪記お休みします

あなたはいつものように、その小さな酒場『メルク丸』を訪れた。 おや? 窓辺の灯が消えている。どうやら閉まっているようだ。 扉の張り紙には、羊皮紙に子供っぽい斜文字で下記のように書かれていた。 わざわざ来てくださった方へ 当メルク丸は、黄金週間は…

ムーンワールド再訪記(8)コメお待ちしております 

こんにちは。 このたび、先日の僕のいいかげんな記述(ムーンワールド再訪記5 勇者と透明な少年の関係)に関して、『moon』ファンと思しきNさんから2点、トゥイッターDMからありがたきご指摘を頂きました。さすがmoonファンの方々はいちいち細かい、もと…

ムーンワールド再訪記(7)オフィシャルガイドブックという名の……

昨日は形而上的にも形而下的にもなんだか「行き止まり」を感じた当再訪記ですが、何よりも優先すべきは頭でごちゃごちゃ考えるよりもJPI!(Just Play It)という保留信なので、気を取り直して続行したいと思います。以後、お神酒知りを、もとい、お見知り置…

ムーンワールド再訪記(6)ここが行き止まりなのかもしれない

この1週間ばかり、毎日少しずつ『moon』を再プレイしてみて、現在の自分はムーンワールドにおける「設定」にはほとんど興味を持っていないことに気づいた。 ここで言う「設定」とは——王様とガセは時おり入れ替わっているのではないか? とか、クリスちゃん…

ムーンワールド再訪記(5)勇者と透明な少年の関係

『moon』における2大重要アイテム「白羽の矢」と「石版」(ゲーム進行には関係ないが、moonの物語/世界観をプレイヤーが理解するための最重要アイテムであるはずだ)は、どちらも序盤で比較的容易く手に入る。 とくに「タオの石版」は(かつて1度クリアし…

ムーンワールド再訪記(4)幻想キノコの森で

ムーンワールドに生息するキャラクターは、誰しもが魅力的でかけがえのない者たちだが、幻想キノコの森で会えるフローレンス爺は「moonを考察する」という機会において、最重要キャラの1人と言って良いだろう。(「こういうヒッピーお爺さん、いるよね」と…

ムーンワールド再訪記(3)タオとの対話

今朝も、うとうとしながらムーンワールドのことを考えていました。 はたして、あの世界は、僕が眠っている間も「存在」するのだろうか? そんな子供じみたことに思いを馳せていた。 でも、その問いは本当に「子供じみて」いるだろうか? 僕には、「僕がコン…

ムーンワールド再訪記(2)マイ・フェイヴァリット・MoonDiscs

前回/前々回は、ムーンワールドにおけるいささか観念的な考察ばかりだった気がするので、今日はふつーに、素朴なプレイ雑感をつらつら記していきたいと思います。 『moon』を久方ぶりにプレイして驚いたのは、これだけ思い入れの強い作品にもかかわらず、自…

ムーンワールド再訪記(1)僕とムーンワールドと現実世界

珍しく、夜更けにコーヒーを飲んだらすっかり眠れなくなってしまった。 すでに、床に着いてから7時間が経過している。『moon』になぞらえて言うなら、「アクションリミット」が4分の1以上強制的に増加させられたような状態。眠れない時に眠れないのは(ご…

ムーンワールド再訪記(0)序文のようなもの

まず、簡単な序文のようなものから。 当方、幼少期からのゲーム好きらしく、大好きなゲームはそりゃあたくさんあります(といっても、そこまで多くはないけど)。 しかし遡ること20年前、1998年に発売されたこの『moon』を「大好きなゲームの1本」として挙…

公園とアウトドアチェア、なるもの

週明け(本来は日曜日が週明けなのだろうが)の月曜日。 午後……何時かはわからない。時計を見に行く気力がない。スマホも見当たらないし。 最近読んだ本の感想や遊んだゲームについて記そうかとも思ったが、しばしデスクトップの前に座していても、そのよう…

今朝見た夢をありのままに記述するよ

ふだんは、見た夢の内容などほとんど憶えていないか、あるいはとっとと忘れたいような厭な夢、あるいはひどく俗っぽい夢を見ることが多いのだけど、今朝は珍しく夢らしい、印象的な夢を見ました。 「人の夢の話ほど興醒めな話もない」とは昔からよく言われま…

誰が為に刷新す(改)

こんばんは。のっけから、今日は何も記すことがなさそう。 ですが、土/日は個人的喫茶為事による極度の疲労により、おそらく、きっと、いつだって何ひとつ記せなさそう。 なので、平日はたとい何ひとつ記すことなくとも、何かしら記しとこう……そう思ったりす…

マインクラフトとプログラミングの相関性

ガラにもなく、プログラミング話の続き。 このところ、プログラミング入門書的書籍を読んでみて、「うーむ、僕のような、日々ゲームを嗜む者は、やはりゲームをプレイすることがプログラミングを学ぶことに(直接的にであれ、間接的にであれ)結びつくのが一…

ドメイン・メルク丸

こんにちは。まだ始めたばかりの当ブログですが、いや、始めたばかりだからだからこそ、独自ドメインを登録することにしました。ドメインは(URL表示されてる方にはおわかりでしょうが)、、、 www.merukumaru.jp です。 以後、お見知りおき頂けると、之幸い…

「プログラミング」への青く淡い興味

店仕事明けの月曜は、たいてい陸揚げされた魚みたいにぐったりしています。 「行為は無為よりもほんの少しだけ優れている」などと偉そうな格言をブログタイトル下に掲げておきながら、半目開けたたまま座椅子と一体化して、「何もしないことをしてるんだよー…

ふちねこと早朝の御酒

夜明け前、不意に「ぱちり」と目が覚めてしまって、どうしても再眠できない。君にもそんな日があるだろうか? 僕はかなりよくある。この季節にはとくに。 そんな時、どうするか? 先週までだったら、起きて焼酎の湯割りでも呑んで、じょじょに明るくなってい…

4月はもっとも

のっけから私事で恐縮ですが、季節の変わり目に弱い。とくに、冬から春にかけてが最高潮にクる。 もっとも心身ともに調子良い、安定してる季節は冬。もっとも調子崩す季節が春初め。そういう人は意外と、いや、かなり多いんじゃないかと想像する。春が超強力…