ムーンワールド再訪記(12)初夏のご挨拶

f:id:lovemoon:20180420202343j:plain

ご無沙汰をしていました。

そちら、お身体と精神の調子はいかがでしょう。

こちらは1週間ばかり前から、季節の通奏低音ががらりと変わったのをひしひし感じて惑っています。急にあったかくなって、木々の緑が力強く万緑を漲らせるかの如く、意気揚々と生命力をはっしている。その速度と熱量にどうやらついていけてないっぽい。

先日は大通りを戸惑いながら仕事場に向かって歩いていましたら、巨大な蜂や鮮やかな蝶たちが「ここを先途」とばかりに飛び回っていて、逃げるように足早に歩いていたら、あるスポットでふいに濃い草いきれを感じ、大袈裟ではなく、これじゃここ(道端)で倒れてしまうぞ……

と少しばかり不安になって、両手で鼻と口を覆ったまま、職場までの道を小走りに急ぎました。すると、たまたまイベント的な何かが催されていたらしく、大通りにフォーマルな服に身を固めた楽団がずらりと整列しているのが見えました。指揮者がうやうやしくタクトをひと振り——賛美歌でしょうか? あからさまに神々しい曲がうら若き女性たちの美声とともに演奏され始めました。こういうことってそうはないので、老いも若きも店の人も客の人も、ずいぶん多くの方々が外に出てパレードを楽しんでいたもよう。僕もも少し体調が良かったら、立ち止まって、いつもとは違った街の違った空気を少しは楽しむこともできたのでしょうが。

そんなこんなで(叔母の口癖)、時節はいよいよ名実ともにまったき初夏のようです。

個人的なnervous話ばかりで恐縮ですが、僕はこの時期、梅雨前が昔からもっとも弱い。今年も例外ではなさそうです。夏風邪と何らかの花粉効果が相まって、数日寝こんでいました。今日も熱とリンパ炎でそこそこ苦しんでいます。けどまあ(旧友の口癖)、不調な時に猫丸、じゃない、寝こめることを心からありがたいと思うべきなのでしょう。

で、寝こんでいる時にもっとも有用なのが携帯ゲーム機と文庫本です。寝こむたびにそれを強く実感します。ここ数日は先日知人におかりした文庫本を読んだり、PS VITAのリモートプレイで『moon』を……ではなくて、先日購入したばかりの新しい3DSで『とびだせ どうぶつの森』に勤しんでいました。

ダメじゃん、それ。ムーンやっとけ、オレ。

と、もう1人の自分が苛立ち混じりのラッパーの口調で鼓舞してくるのですが、だって、おもしろいんだもの、どうぶつの森(それについてはまた別の場所で記す機会もあるだろう)。

っていうか、やってみてわかった。ぶつ森は『moon』はとても似ている。愉しさの本質要素に、双方通じるところがある。

その愉しさとは? ひと言で言えば、「その世界に住まうこと」。

っていうか、ぶつ森って『moon』に着想を得たんじゃないか?ってちょっといぶかしがっちゃったくらい。

っていうか(3度め)、もし『moon』のキャラと世界観で「どうぶつの森」ライクなネットゲームを作ったら、最高だろうな。互いのムーンワールドを行き来できて、プレイヤーは好きなキャラを選べて——王様とかヨシダとかガセとかアニマルでも——、服を買って着せ替えしたり、家を建てたり、部屋のインテリアコーデしたり、MDを交換したり、釣ったレアな魚を売ったり、ピクミンみたいなたくさんのカクンテ人を連れ回ってキノコの森の中を探検したり。今からでもいいからそういうの出ませんかね。絶対出ませんね。

それにしても、寝こんでいる間にぶつ森やっててつくづく思った。『moon』の世界設定とキャラ設定は(今更ながら)、なんて凄まじかったのだろうと。

まあ、ぶつ森には物語はあってないようなものだけど(物語性の「無さ加減」が魅力なのだから)、少なくともキャラデザに関しては『moon』の方がずっと優れてると思ったね。ぶつ森もさ、もちろんわるくはないっていうか、やっぱりとんでもなく凄いんだけど、どうもキャラが画一的なんだよな。個々の性格とか、あってないような感じだし。ほのぼのしてれば良いってわけではないだろう。まあ、でも小さな子がたくさんやるからな、あれは。ほのぼのしてなきゃいけないのかもしれない。

でもこう言っちゃなんだけど、『moon』は世界も物語もピリ辛なんよ。ある種の哲学でもあるし。そうそう、現象学者のエマニュエル・レヴィナスさんっていう御仁が言ってたらしいけど、「哲学はステーキ」みたいなもので、赤ちゃんに食べさせるものじゃないって。『moon』は流動食でもお粥でもないからさ、咀嚼して、栄養として摂りこむにはそれなりの努力と経験が必要なわけよ。わかるかなー。

……もうこの口調やめよ。

あ〃、読み直してみると、ここまで1730字は何も言っていないも同然じゃないか。deleteするか、けっこう迷ったのだが、せっかくだから残しておく。だいいち、deleteしても今日は新しいのをしたためる気力がない。そういうわけで、今日は自分を甘やかすことにしよう。

そういうわけで、気を改めて。

昨晩、数日ぶりに『moon』をやってました。けっこうな数のラブを集め、けっこうな数のモンスターのソウルをキャッチし、けっこうな数のMDをかけてムーンワールドをうろつき回っていました。そうして、このムーンワールドを出るべき時が刻一刻と近づいているのをひしひし感じていました。どうやらこの再訪記も、ろくでもないことばかりを記しながら、終盤を迎えつつあるようです。

(もうちょっと続きます!)