めくるめくメルク丸

行為は無為よりも、ほんの少しだけ優れてゐる。(バガヴァッド・ギーター)

6月の、土曜日の心況

※当ブログを「かさ増し」する為、とりたてて内容のない日誌(のような記述)も挿入してみます。

午前7時半起床。窓の外はばりばりに曇っている。午後からは雨が降ると聞いた。やっぱ梅雨。今日は店為事だが、おそらくかなり閑だろう。

喫茶店は雨の影響を「もろ」に受ける商売形態だ。「雨の日に喫茶店に行きたくなる」……みたいな浪漫を抱いた方もたまにはいらっしゃるけど(僕もたまにそういう心持ちで雨の日、喫茶店に赴くことがまれにある)、飲食店の中でも「嗜好」の要素がとくに強い純喫茶は、よほどの人気店(コメダ珈琲とか)でもない限り、6月は「がらん」としていることが多い。

しかし、閑閑であろうと忙忙であろうと、店を始めた7年前から、店を開ける日はほぼ1日中、店のことを考えている。開ける前も、閉めてからも「ほぼ店しか頭にない」状態と言って良い。そういうわけで、今もここに書けることはあまりなさそう。あと30分もしたら出かけないといけないし。時間と時間の間に隙間がない。マリオテニスエースのことも、読みかけの小説のことも、これからの人生のことも、今は——今だけは、すっかり宙に浮いている。静かな場所でクラシックを聴きながら午後を過ごしたい人の心と自分の心とコーヒー。それをぴたりと同化させようと試みながら、徒歩30分の仕事場へ向かう時、

己の心の状態はけっしてわるくない。むしろ、とても自分らしいと言える。限定された期間の、有り難き僥倖である。今日も全存在にとって、心やすい1日でありますよう(祈)。