10月12日(金)

今日もとりたてて記すことは何もないようです。しょうがないなあ。しょうがないので、今日4杯めの白ワインを注いできます。これがジンジャーワインだったら好いのですがね。しょうがだけに。

注いできました。さっきから何やら奇妙な心地がしています。何かを待っているような、何かに待たれているような……。

夕方、知人の素敵洋品店(過去に書いたような気がする)に自前のコンピレーションCDを(無理矢理に?)お持ちした後、時間が空いたのでふらりと吉祥寺に赴いてきました。吉祥寺を1人でそぞろ歩くのは久しぶりでした。前回、いつ行ったのかうまく思い出せません。

駅前のアウトドアショップで以前から気になっているデイパックを物色して(実物は思っていたより小ぶりだったけど、それでも購買欲は消えませんでした)、吉祥寺でおそらく最も品揃え良いであろう大型書店『ジュンク堂』でノイズキャンセリング・イヤフォンを着けたまま何冊か立ち読みして(結局、何も買いませんでした)、セブン&ホールディングスの誇る洋品店『オッシュマンズ』で店内に並べられた秋物の服たちを、いかにも買う気なさそうな面持ちでひとしきり眺めていました。

やはり欲しいものはなさそうでした。珍しいことです。買う買わないは別にして、衣替えの時期になるとたいてい1、2枚は欲しくなるのですが。最近、服や靴もめっちゃ限定されているような気がします。限定されているというか、どんどん縮小していく傾向にあります。今や、自分の欲しい衣服や靴はAmazonでしか手に入らないのかもしれません。寂しいことやね。世界に対する波動——バイブレーション的にはどんどんどんどん拡張していく方向性で生きたい(行きたい)と目論んでいるのですが。

それから中央線で立川に戻り、ビックカメラを右往左往した後、母と待ち合わせ、早めの夕食をともにしました。その店でお酒を2杯飲み、枝豆を食べ、トマトとつみれ(白魚)の煮込みを食べました。母ととりとめのないことをなんやかや話しました。僕も母も季節の変わり目だからか、なんだか茫洋としていたように思います。

帰り、駅前のイオン(スーパー)で白ワインの瓶を買い求め、チーズとミックスナッツをあてにだいぶん飲みました。これから本を読みながら明日の喫茶為事に備えて早いめに眠りたいと思います。おやすみなさい。酔き、もとい、好き週末を!